ネットの求人情報は職種や働く場所を選べます

今の求人難、数年前には予想不可でした

最近はあちこちの店で求人募集の紙が貼ってありますね。
私が住んでいる地域でも、店の前に「パート・アルバイト募集!」という文字が躍っています。中には時給の欄に何回か紙が上に貼られた跡があり、恐らくあまりにも人が来ないものなので上書き上書きでやっているのでしょう。
求人難となったのはここ数年の話ですが、それ以前は逆に求職難でしたよね。正社員の募集は当然として、契約社員や派遣社員ですらなかなか仕事の口を見つけるのが大変な状況。仕方なくアルバイトなどをして糊口をしのぐような人が何と多かったことでしょうか。経済状況は常に循環しているわけですが、わずか数年でこのような状況になるとは予想もできませんでしたね。
私は企業の人事部に所属しており、常に求人に関するアンテナは最大限伸ばしているつもりでしたが、それでも数年前に今の状況を予想することは無理でしたね。
しかしこの求人難ですが、この状況が向こう何年も続くかと言われるとそうではないと思います。実際に今回の求人難は、景気が良くなったというよりも単純に労働人口の減少によって人が足りなくなったために起きたことです。人がいなければそれに合わせて仕事を進めていくのが人間ですので、この状況になれてしまえば「人が少なくても何とかなる」となってしまいます。そうなると過重労働は無くならないんですよね。難しい問題です。

Copyright(C)2015 ネットの求人情報は職種や働く場所を選べます All Rights Reserved.